軍艦島の魅力に迫る!歴史と見どころを徹底解説

軍艦島という名前を聞いたことがありますか?この島は、日本の近代史において重要な役割を果たした人工島です。しかし、今では無人島となり、その姿は廃墟と化しています。この記事では、軍艦島とは何か、その歴史と特徴、そして行く方法と見どころについて紹介します。

軍艦島とは何か?その歴史と特徴

軍艦島とは、長崎県長崎市に属する人工の島で、正式名称は端島(はしま)です。その名前の由来は、岸壁が島全体を囲い、高層鉄筋コンクリートが立ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ていることからです。軍艦島は、江戸時代後期に石炭が発見されたことがきっかけで、明治時代から海底炭坑として操業されました。日本の近代化に大きく貢献した軍艦島は、最盛期の1960年には約5300人もの人が住み、日本一の人口密度を誇っていました。しかし、石油へのエネルギー移行により衰退し、1974年に閉山。島民はさまざまな思いを胸に島を去り無人島となりました。2009年から一般の方の上陸が可能となり、2015年には**世界文化遺産**に登録されました。

軍艦島に行く方法と見どころ

軍艦島へ行くには、長崎市街地からクルーズツアーに参加する必要があります。現在は4つの会社がツアーを提供しており、それぞれツアー内容や料金が異なります。船で約40分かけて軍艦島に到着したら、指定されたコースを散策して、島の歴史や文化を感じることができます。軍艦島の見どころはたくさんありますが、特に注目したいのは以下の3つです。

  • 日本最古の7階建て鉄筋コンクリート造アパート:1916年に建設されたこの建物は、当時としては画期的な集合住宅でした。現在は風化や倒壊が進んでいますが、当時の暮らしの様子を想像することができます。
  • 端島小学校:1934年に開校したこの小学校は、軍艦島で生まれ育った子どもたちの学びの場でした。校舎や教室、体育館などが残っており、当時の教育環境や子どもたちの姿を感じることができます。
  • 端島神社:1919年に創建されたこの神社は、軍艦島の守護神として信仰されていました。神社本殿や鳥居などが残っており、当時の信仰心や祭りの様子を感じることができます。

軍艦島での注意点とマナー

軍艦島世界文化遺産であり、貴重な歴史的資源です。そのため、訪れる際には以下の注意点とマナーを守ってください。

  • 上陸できるかは天候次第:波が高いときや強風のときは、安全のために上陸できない場合があります。その場合は、船から島を周遊するだけになります。上陸できるかどうかは当日の判断になるので、あらかじめご了承ください。
  • 指定されたコース以外には立ち入らない:軍艦島の建物や構造物は老朽化や崩壊が進んでおり、非常に危険です。そのため、指定されたコース以外には立ち入らないでください。また、建物や構造物に触ったり、持ち帰ったりしないでください。
  • ゴミは持ち帰りましょう:軍艦島にはゴミ箱がありません。飲み物や食べ物などのゴミは必ず持ち帰りましょう。また、タバコの吸殻やチューインガムなども捨てないでください。
  • 写真撮影はマナーを守って行いましょう:軍艦島は写真撮影に最適なスポットですが、他の参加者やガイドの迷惑にならないようにしましょう。特に三脚や自撮り棒などは使用しないでください。また、ドローンやラジコンなども禁止されています。

軍艦島の現在と未来について考察する

軍艦島世界文化遺産として登録されたことで、多くの人々の関心を集めています。しかし、その一方で、島の保存や活用に関する課題もあります。例えば、

  • 島の風化や倒壊が進んでいる:軍艦島の建物や構造物は長年の風雨や台風にさらされており、風化や倒壊が進んでいます。そのままでは将来的に上陸も難しくなる可能性があります。しかし、修復や補強をすると、当時の姿が失われる恐れもあります。
  • 島の歴史や文化を伝える方法が限られている:軍艦島には多くの歴史や文化が詰まっていますが、現在ではガイドの説明やパネル展示などが主な伝え方となっています。しかし、それだけでは島の魅力を十分に伝えることができないかもしれません。例えば、島で暮らした人々の声や記録を活用したり、体験型のプログラムを開発したりすることが必要かもしれません。
  • 島の利用方法が多様化している:軍艦島は観光スポットとしてだけではなく、映画やドラマのロ.ケ地としても利用されています。例えば、2013年にはジェームズ・ボンドの映画『007 スカイフォール』で、2017年には韓国の映画『軍艦島』で、それぞれ軍艦島が登場しました。これらの作品は軍艦島知名度を高める一方で、島の歴史や文化を正しく伝えているかどうかについても議論があります。

まとめ

以上のように、軍艦島は日本の近代史において重要な役割を果たした人工島であり、その姿は廃墟と化しています。しかし、その廃墟には多くの人々の暮らしや思いが詰まっており、世界文化遺産として保存や活用が求められています。軍艦島を訪れる際には、その歴史や文化を感じながら、島の現在と未来について考察することができるでしょう。

もしも宮崎県宮崎市で不動産物件をお探しなら、以下の不動産会社がおすすめです。

会社名:株式会社グローバル
所在地:〒880-0053 宮崎県宮崎市神宮1丁目240−1
電話番号:0985-41-5757
ホームページ:https://www.global-re.jp/